オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
リニューアルに伴う工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

家屋を守る屋根!セルフチェックの勧め。ポイントはどこ?


この週末はお天気もよく、心地よいわずかな風によってとても爽やかな過ごしやすいお休み日和になりました。

紅葉狩りにももってこいなお天気ですね。
インスタ映えの写真もたくさん撮れそうです。
今週は徐々に気温も下がってくるそうで、冬にまた一歩近づいていくようです。
写真AC 紅葉
前回、屋根の確認点検の勧めについてお話しました。

でも、どんなところをどういった感じに見たらよいのかしら?
と、いうことで、屋根点検のポイントについてお話したいと思います。
瓦 災害
雨や外気から暮らしを守ってくれる屋根。

年を重ねるごとにやはり劣化は避けては通れません。
思いのほか損傷している場合もあります。

今回は瓦屋根のチェックポイントをお話します。

屋根瓦は塗装などの必要はありませんが、本体のズレや割れ、下地の劣化がチェックポイントになります。
雨樋 雨水漏れ
割れは一目で確認できますが、ズレは目視の方向によって確認が困難な場合がありますので、複数方向から見るようにし、列に乱れがないかを確認します。

瓦の固定はほとんどの場合、釘で行われていることが多いので、その釘回りにサビが出ていないか、またサビがあった場合、そのサビが釘穴より広がってしまっていると瓦が割れやすくなりますので、サビの痕跡がみられないかをチェックしましょう。
万一サビの痕跡を見つけた場合、目視ではなんでもない瓦も内部が割れている可能性もあります。

下地を含め、専門業者での細かいチェックを依頼されることをお勧めします。


落ち葉防止
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505