オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
リニューアルに伴う工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

屋根裏収納をつくりたい!メリットとデメリット気をつけたい点1


台風過密の今年の日本列島。猛暑のスタートも早くなかなかスタミナが切れることなくもう9月になるのに暑さの体力は残っています。

それでも最近は朝晩はっ過ごしやすくなってきたと思いませんか?

虫の声も聞こえてくる夜もあり、秋もやっと腰をあげてくれたようです。

(photoAC:瓦)晴
いよいよ季節の変わり目。 
猛暑に使ったアイテムはまだ来年まではゆっくり休んでもらいたいもの。
(ならばじゃあ来年以降猛暑アイテムは使いたくないですが(笑)。
シーズン用品や衣類の衣替えをそろそろ始めましょう。
写真AC ログハウス 勾配天井 ロフト
片づけをするにはその収納スペースが必要です。

収納スペースには限りがありますが、物は年々増えていきます。

家で空いているところといえばもう屋根の中だけ・・・。
そう、屋根裏収納をつくろう!

と、考えたくなった次第ですが、リフォーム前に屋根裏収納のメリットやデメリットについて考えてみましょう。
写真AC 屋根裏部屋
今回はまず気をつけたいポイントをお話ししたいと思います。


屋根裏には電気の配線や換気システムのダクトなど生活では見えないものがいくつも張り巡らされています。

特に断熱材は一年中を通して家を守っている構造材のひとつですし、通常の天井材は薄い板材なのできちんとプロに頼んで施工をするようにしてください。

写真AC 工事現場 ロフト開口
結露などの原因になったり、天井が抜けてしまったりという危険が伴ったりします。
また、家を支える梁もあり、開口部を広く取りたいからといっても切断することができない構造躯体があります。


⇒次回に続く
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505