オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
リニューアルに伴う工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

ウインドウトリートメントを取り付ける効果~前編~


カーテンなどの窓まわりに取り付けるアイテム全般のことを「ウインドウトリートメント」といいます。

カーテンだけではなく、ブラインドやロールカーテンなどもウインドウトリートメントのひとつと考えられます。


ウインドウトリートメントを取り付けるとどのようなメリットがあるのでしょうか。
ウインドウトリートメントについてお話していきたいと思います。

写真AC 揺れるカーテン

自然光の量の調整

窓辺 カーテン
カーテンを取り付けることで、部屋の中に入ってくる自然光の量を調整できます。

光を入れたいときはレースカーテンで。
逆に光を遮りたいときはドレープカーテンを使えばカットできます。

また、遮光カーテンもありますので日中睡眠をとることが多い方や、寝室側の屋外が夜明るい場合などは重宝します。


内外からの視線

写真AC フローリング カーテン
カーテンは光の調整だけではなく、外からや中の視線の調整もできます。


昼間は室内が見えにくいのでレースカーテンなどで屋内へは光を取り入れながら外からの視線もカットできます。

また、逆に暗くなってからは家の中が屋外からよく見えてしまうので遮光性の高いカーテンを使って家の中が見えないように視線の調整をすることができます。

最近ではUVカットのレースカーテンもデザイン豊富に販売されていますが、紫外線カットできる割合が高いほどカーテンの目地は細かくなるので、外部の視線もほとんどカットできます。


次回へ続く⇒
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505