オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
リニューアルに伴う工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

住宅の室内を区切るドア。多様な種類と特徴のお話し4


最近の建具デザインの傾向はシンプルだけでなくナチュラル感を醸し出すような雰囲気のものが多くみられるように感じます。
壁になじむようなタイプだけでなく、個性的なデザイン性を持たせたものも取り付けられています。
写真AC 折れ戸
ガラスや樹脂素材を扉に組み込んだデザインや、カラーやデザインを床材や階段、巾木などとトータルコーディネートすることができるシリーズのものもあります。
クロゼット扉もその一つ。折れ戸も開きドアや引き戸同様に様々なデザイン性を持たせたものも多く出ています。
写真AC 新築の洋室 折れ戸
本来折れ戸とは丁番などで連結させた扉を折りたたんで開閉するタイプです。

開きドアよりも開閉スペースが少なくて済む形状のため、トイレや洗面室の水回り、廊下などの限られたスペースに面した収納扉などに用いられることが多いスタイルです。

また、廊下の奥などで他の扉と干渉してしまう場合などに取り入れもお勧めです。
トイレ特殊折れ戸 引き戸
最近のドアでは開き戸の開口スペースで引き戸のようにする折れ戸タイプの特殊ドアもあります。
車いすでのトイレ使用や介護の必要な方への簡易な扉の開閉のために発売されました。
写真AC クローゼット 
折れ戸を選ぶ際には開閉のしやすさなどの使い勝手はもちろん、小さなお子さんがいるご家庭などでは指はさみを防ぐ機能が施されているかどうかなどもチェックしておくとよいでしょう。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505