オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
リニューアルに伴う工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

床材をカーペットにしてみませんか? メリットをお話しします。


写真AC 絨毯と手 カーペット
古の昔から日本人は家の中では靴を脱ぐ生活をずっとしてきました。
座卓を囲んで食事をしたり、家族団らんのコミュニケーションの場になっていたり、その場でゴロゴロしたりお昼寝だってそこでしていました。

現在の一般住宅では掃除のしやすさという点からフローリングを選ぶ方が多いかと思いますが、カーペットもなかなか捨てたものではありません。
今回と次回にわたり床材にカーペットを使った場合のメリットとデメリットへの対処方法についてお話したいと思います。

カーペットとは

写真AC 積み木2 カーペット
カーペットとは織物や敷物の総称で呼ばれています。
いわゆる繊維系の床材になります。
じゅうたんやラグ、マットなど呼び方は色々ありますが、その違いは次回お話ししたいと思います。

カーペットは他の床材よりもデザイン的にとても多くのバリエーションがあります。


写真AC 赤ちゃんの足 カーペット
性能も多様化しており、防汚性能や撥水性能、防ダニ性能や防カビ、防虫加工などの施された商品もでています。

カーペットを敷くメリット

写真AC インテリア38 カーペット
何より一番のメリットは柔らかく足ざわりがよいこと。
クッション効果に加えて摩擦力があるので滑る危険性もとても少なくなります。
高齢化社会といわれる昨今、家の中で滑って転倒してしまい、骨折してしまうなどという家庭内事故も増えてきていますので安全・安心なシルバーライフを送る上でもカーペット床はとても優しい床材だといえます。
写真AC 子ども探偵 子供部屋 子供
また、消音性にも優れていますので、2階以上に設けられることの多い子供部屋などには床の物音を響きにくくするという特徴がありますので最適といえます。

また、滑りずらく音が響きにくいのでペットの足腰にもとても優しい床材なのです。

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505