オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
リニューアルに伴う工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

断熱性能と気密性。ごぞんじですか熱損失係数(Q値)とは


日本の住宅街並み(photoAC) 住宅 
近年よく聞く省エネルギー住宅には高断熱高気密が欠かせないといわれています。
目安として前回お話した隙間量の多少を延床面積当たりで示す「C値と、住宅からの熱損失量の多少を延べ床面積当りで示す「Q値(熱損失係数)」があります。
今回はそのQ値(熱損失係数)についてお話します。

Q値(熱損失係数)とは

太陽光(photoACより)熱効率
Q値(熱損失係数)とは簡単に言うと断熱性能を表す数値です。
屋根、天井、外壁、窓、ドア、換気口、床などから部屋の熱がどの程度逃げてしまうかを数値で表したものです。

Q値は各部位の熱の逃げる量を算出してその損失量を合計したものを延べ床面積で割って算出した数値になります。

前回のC値と同様、Q値も数字の値が小さいほうが断熱性に優れているといえます。
ただ、総熱見方を損失量を延べ床面積で割るため、一般的に床面積の大きな建物のほうが有利となってしまいます。
写真AC 住宅設計 リフォーム 計算機 図面 
Q値の計算方法はとても複雑ではありますが、断熱性能を住宅全体で判断できますので各部屋等の断熱性能のバランスを把握することができます。

各メーカーでもC値と同様Q値も示されていますが、延べ床面積の違いを確認して比較してみるとよいでしょう


次世代省エネルギー基準で示されている山梨県のQ値基準値は2.7w/㎡kとなります。
2013年度に施工された改正省エネルギー基準によって断熱基準がUA値(外皮平均熱貫流率)を使うようになりました。
このUA値もQ値に似ており断熱性能の比較に使うものです。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505