オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
リニューアルに伴う工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

家を形作る窓。ご存知ですか?網戸の網目サイズと色のいろいろ


前回まで網戸の形状やメッシュの素材についてお話ししました。
ところで皆さんはメッシュの網目や色にもいろいろ違いがあるのをご存知でしょうか?
今回はメッシュのサイズ(目の大きさ)と色についてお話したいと思います。

メッシュのサイズ(目の大きさ)

写真AC ハートのカメムシ 網戸
一般住宅で使用されるのは18~24メッシュというサイズが多いかと思います。
このメッシュ数の大きさは1インチの間に何本の糸が入っているかを指しています。つまり数の大きいほうが「細かい目」となります。
これからの季節、虫の侵入等が気になる方は数値の大きいメッシュを選んで張られることをお勧めします。

実際販売されているサイズは18メッシュ(1.15mm)、20メッシュ(1.03mm)、24メッシュ(0.84mm)、30メッシュ(0.67mm)、40メッシュ(0.64mm)の5種類が主のようです。
今の季節、小さな虫が入ってきますが、その大きさは1~2mm程度なので24メッシュ以上が推奨ということになります。
ただし目の細かいほうが価格が上がります。

メッシュの色で見え方が違います

写真AC 網戸越しの和室 網戸
メッシュの色によってそれぞれ見え方が変わってきます。

一番普及しているのがグレ
メッシュ部分にあたった光が反射、拡散するのでまるでレースカーテンのように室内の内外からの視線を遮ることができます。

これに対し最近採用されることが多くなってきているのが「ブラック」
あまり光を反射せず吸収してしまいますのでまるで網戸がないかのように視線は素通しとなります。
あまりにもメッシュ自体がみえなくなることで顔面から衝突してしまうといったケースもあるようです。
写真AC 窓の外を眺める兄弟猫 ルーバー窓 サッシ 網戸
少しでも視線を遮りたい場所にはグレー色のメッシュネットを、反対に人目を気にすることなくクリアな景色を楽しみたいのであればブラック色のメッシュネットをお勧めします。

最近では内側がブラックで外側がグレーと特殊加工したメッシュネットも販売されています。

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505