オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
リニューアルに伴う工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

家の断熱性を上げるには。ガラスの性能とサッシの性能の組合わせ


写真AC 我が家の窓から虹 窓
近年の住宅事情の一面として高気密化・高断熱化が急速に進んでいます。同時にエコロジーブームと省エネ対策にも国を挙げて取り組んでいる最中。各メーカーも商品開発を行いそれぞれ省エネやエコを考えたものが様々出ています。また、国や県でも新築時やリフォーム時に対して省エネ対策への補助金交付も考えられてきています。


太陽光(photoACより)熱効率
窓は外気温を室内に運んでしまう建具です。窓の性能を考えることで省エネ対策になるのです。
その窓にできる一番の省エネ対策は「断熱」です。エアコン等で冷やしたり温めた空気を逃さないのは断熱性能の高い窓でなければ難しいものです。


写真AC サッシ 複層ガラス リフォーム
断熱性に優れたガラスでは「合わせガラス」や「真空ガラス」が代表的です。断熱性能に合わせて高い防犯性も兼ね備えています。「真空ガラス」は通常のガラスと厚みはさほど変わりませんが断熱効果は4倍にもなるといわれています。また、真空ガラスは遮音性もとても高くリフォームをされる場合などとても効果を得やすいガラスともいえます。
真空ガラスと同様Low-E加工を施している複層ガラスの「遮熱複層ガラス」も高い断熱性を持っています。
盗難 窓ガラス 樹脂サッシ
ガラス同様枠である「サッシ」も熱伝導率の低い樹脂系サッシを合わせることで一層の省エネ対策・エコロジー対策になることは言うまでもありません。


はじめにお話ししましたが窓は家の断熱性能を大きく左右します。
新築の場合でもリフォームの場合でもやはりアルミサッシではなく樹脂複合サッシを使われることをお勧めします。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505