オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
リニューアルに伴う工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

窓の結露。侮ってはいけません!家にも人にも悪影響な結露について


写真AC 窓の結露 冬の窓 リフォーム 山梨
寒い冬。朝起きると窓一面に水滴が…。「結露」ってどうして起きるのでしょうか。
また起きない方法ってないでしょうか。

「結露」は外気と内気の温度差でおきます。
単板ガラスのサッシに結露がひどくみられるのは温度差が一番大きくみられるからです。
壁内には断熱材が施されているのできちんと施工されていれば壁面に結露が表れてくることはありません。

「結露」を放っておくとカビやダニ、腐食が発生してきます。3つとも湿度、温度、栄養(エサ)があればどこにでも発生してしまいます。
カビやダニは人体に悪い影響を及ぼします。子供さんだけでなく大人もアトピーや喘息を起こしかねません。
また、腐食は壁紙をはがしたりシミを引き起こしたりするだけでなく、躯体の木材や床下を腐らせたりしてしまいます。

結露を放っておくと家は躯体までボロボロにしてしまい、地震に弱く室内はカビ臭がして様々な菌の温床となり家だけでなく人体まで悪くしてしまうのです。

写真AC エアコンのリモコン 冬の室内 暖房器具 
結露をなくすには室内の水分を少なくし、外気と内気の差を少なくすればよいのですが、冬の乾燥時期に加湿器なしで過ごすのは逆に風邪の元になりますよね。また、温度差をなくすとはいえ暖房器具なしで生活するなんてそのほうが体に悪くまさしく本末転倒です。

そこで備えたいのが「換気システム」。必要以上に湿度を帯びてしまった空気の循環を行うことができます。

写真AC  サッシ リフォーム 複層窓
もう一点は窓を「複層窓にする」こと。
最近は各メーカーで簡単リフォーム用の複層窓が発売されています。外気と内気の差を緩やかにしてくれるので結露はグンと発生しずらくなります。

また、夏の逆の外気内気の差も緩やかになるので冷房の効率もよくなります。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505