オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
リニューアルに伴う工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

太陽光発電のメリットとデメリットを考える。~デメリット編


前2回ソーラー発電システムのメリットについてお話ししました。
魅力的で未来の子供たちにも優しいであろう太陽光を使った自然エネルギーシステム。でも設置するにはデメリットな面も理解し導入検討をしたいものです。

イニシャルコストが大きい

写真AC 屋根の上のソーラーシステム
設置容量によっても違いますが、自宅の屋根設置で160万~200万円の費用が掛かります。
いくら自治体の補助があったり売電のリターンがあるにしてもやっぱりお高い買い物です。10年前と比べ3分の1ほどの値段になったとはいえよく考え研究検討して設置したいものです。

発電力は不安定

ソーラー屋根 写真AC
太陽光発電は太陽光の量によって大きく左右されます。
お天気や季節により発電量は異なり安定供給は難しく予測していた売電が得られない可能性もあるわけです。


太陽光パネルは直列でつながっています。1枚のモジュールに影ができてしまうと全体の発電量にも大きく影響してしまうのです。
設置時には位置や角度の確認を行いながら設置しましょう。

メンテナンスは発生します

写真AC 太陽光発電 ソーラーパネル
設置後はほとんどメンテナンスフリーではありますが、パワーコンディショナーや部品の交換は必要になります。
発電システムの保証期間は10年ありますので配線等の問題が生じた場合は保証内で無料出なおすことができますが、自然災害等で飛来してきたものが当り破損が生じたような場合は保証対象外なので有償で修理しなくてはならないことも出てきます。


導入を考える時点で部品の交換費用や保証期間の延長時の金額なども調べておくとよいでしょう。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505