オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
リニューアルに伴う工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

シーズン真っ只中!雪が降った時の屋根対策について考えました。


(写真AC)雪かき スノーダンプ
前回までに「雪止め」の役割や種類についてお話してきました。
今回は屋根の雪対策や「雪止め」ワンポイント知識をお話ししたいともいます。

(photoAC:雪下ろし)
雪国では雪が降ると屋根の雪下ろしをしっかり行いますが、めったにつもらない地域では雪下ろしを行うという習慣がありません。
降っている柔らかい雪を見てケガをすると思う人はいないと思います。でも、積雪は1㎡で新雪で50~150㎏にもなり、固まってしまうと500㎏以上にもなるといわれています。
屋根に積もった雪(写真AC)
その重さのある雪が高所から勢いよく落下するのですから衝撃は計り知れません。
その危険回避のための「雪止め」ですが、「雪止め」のほとんどが後つけ可能です。
今設置されていらっしゃらないお宅はぜひご検討してみてください。

ニチハ金属製総合カタログ2017.7センタールーフ施工事例横暖ルーフαs(p174)雪止め
「雪止め」の位置は外壁の真上になる位置から上に取り付けるようにします。
軒先は重みに弱いので重たい雪が長時間あると傷んでしまうかもしれず、また軒下部分に雪が入り込み凍結融解を繰り返すことで屋根材を支えている野地板や垂木の腐食を招く場合があるので注意が必要です。
コロニアル屋根雪止め
豪雪地域でない限り雪止めが見えるのはわずかな高さです。
4~5㎝程度の高さがあれば十分です。
積雪は数日すると大きな雪塊になります。落雪はその雪塊の底、つまり屋根と接している部分が滑るのでその滑りさえ止められれば落雪の心配はないのです。


信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505