オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
リニューアルに伴う工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

屋根材の種類のお話し。特徴で分類してみました~アスファルトシングル


リッジウエイカタログP9
アスファルトシングル屋根材をご存知でしょうか?
100年以上も前に北米カナダで考案され現在でも北米の一般住宅の80%以上の屋根に使用されている素材です。
基板をグラスファイバーにしてアスファルトコーティングを施し、傷をつきにくくするために表面に石粒(砂など)を吹き付けてあります。
リッジウエイカタログP3
セメント等の硬化な素材を含まないので、とても柔軟性があり複雑な屋根形状にも対応できるのが特徴です。
また、優れた機能性を持ち合わせおり耐震性・消音性・耐候性も兼ね備えています。
リッジウエイカタログP6
以前は耐火性に劣るとも言われていましたが、日本での防火試験にも合格し建築基準法上の製品性能評価も認定を受けている商品もあります。

中でも耐震性はとても優れており、重さは瓦の約5分の1ですし施工方法も下地に専用接着剤で張り付ける工法と釘で打ち付ける工法なので剥がれ落ちてしまうということがなく、防水性にも優れています
リッジウエイカタログp4
とても扱い勝手の良い製品なのですが、ほぼ北米からの輸入品が大半のため、施工人件費コストは安くても他の屋根材よりも割り高感は否めません。

また、アスファルトシングル材は材そのものが多層構造でできており表面に粒状着色石材が吹き付け接着されている製品なので雨水が溜まらないような3.5寸勾配以上の屋根への施工が条件付けられます


写真:旭ファイバーグラス ファイバーグラスシングルリッジウェイ(屋根材)製品カタログ(2017年5月版)より
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505