オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
リニューアルに伴う工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

屋根材の種類を選ぶポイントのお話 第2回


屋根メンテナンス前
4つめはメンテナンス性。屋根は常時太陽光や風雨に晒されているので時間とともに劣化していくことは止められないのが現状です。また、表面である屋根材が劣化していなくても下地が傷んでしまいボロボロになってしまうこともあるので定期的なメンテナンスを行うことはとても大切なことです。

施工してから何年くらいでメンテナンスしたらよいのか、どのようなメンテナンスが必要なのかを調べておくことも大切になります。
 2階建て 足場
次に施工性。リフォームの場合足場設置がどうしても必要になります。やはり施工性の良い屋根材であれば工期も短くて済みますし、建物を覆ってしまう足場や養生シートが早く撤去できれば住みながらリフォームする場合のストレスも軽くなります。

工期を早くできるということは天候不順等による施工中の雨養生等のリスク回避もしやすくなります。
また、複雑な屋根形状にも対応しやすい屋根材であれば色やデザインも選びやすくなります。
洋風住宅(写真AC)
次にデザイン性です。前ポイントとも関係してきますが、せっかくリフォームするのですから見栄えにもこだわりたいものです。


色や素材はたくさんの種類が出ています。ぜひマイホームを素敵に永く大切に魅せてください。

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505