オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
リニューアルに伴う工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

寒さが堪えるシーズン到来。窓から冷気入ってきていませんか?


11月中旬にもかかわらず日中は20℃近くまで気温が上がる日もあり、本当に過ごしやすい日が続いています。
でも、朝晩はやはり冷え込むようになりコートやストールがないと厳しいくらい冷えてきます。

いえのなかでも朝起きるのにチョット布団から出たくない日が増えてきます。


日本の住宅街並み(photoAC) 住宅 
「家の中の冷気」。

これから少しでも寒さ対策して家の中の冷気を減らし、過ごしやすいウインターシーズンを迎えませんか。



写真AC 窓辺木造住宅 サッシ 引き戸
冬の冷気が家の中に入ってくるのはご存知の通り「窓」、いわゆる「開口部」からが一番入り込んできます。


窓と窓の重なる部分のことを「召し合わせ部分」というのですが、そこの部分から外部の冷気が室内に入り込んできてしまうことが多々あります。
特に築年数が嵩んでくると、どうしてもひずみも出てきたりしてしまい、隙間が空きやすくなってしまいます。
大正ロマン 窓 障子 カーテン
かつての日本家屋はそういった隙間も含めてすべてで換気や湿度調整をしていたのでしょうが、現代の建物や暮らし方で考えていくとやはりお勧めできるものではありません。

保温効果が落ちることでエネルギー効率も落ちてしまいます。


これは冬だけに言えることではなく、夏の暑い空気も室内に入れてしまうということになるのです。

写真AC サンルーム
「窓の隙間」

この際、窓のリフォームを考えてみませんか?

次回から窓リフォームについてお話していきたいと思います。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505