オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
リニューアルに伴う工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

外構プランの考え方。オープン外構とクローズド外構とは 2


前回は開放的なオープン外構について光や風が通る開放的なエクステリアとなるメリットや、防犯対策や小さなお子さんやペットなどの飛び出し注意などのデメリット面についてお話ししました。




写真AC 資産家 クローズド外構
今回は「クローズド外構」についてお話したいと思います。

「クローズド外構」とは道路やご近所から視線を遮断することができるような、比較的背の高い敷地内が見えにくい門扉やフェンス、塀などを設けるエクステリアプランニングのことです。


駐車スペースにはシャッターを設けるようなプランニングもあります。

メリット

写真AC 環境が配慮された住宅街
クローズド外構のメリットはやはりプライバシーの確保でしょうか。

外からの視線を気にすることなく選択物干しもできますし、囲まれているので、幼児やペットも安心してお庭で遊ぶことができます。

また、簡単に侵入されないように防犯性を高めるプランも可能ですし、重厚で風格のあるたたずまいを実現することもできます。

デメリット

写真AC 庭に差し込む朝日
デメリットとしてはどうしても閉鎖的な雰囲気となってしまったり、圧迫感を与えてしまうプランになってしまうこともあります。

また、外から見えずらくなってしまうことで、外からの死角が生まれ、防犯面で不利になってしまうこともあります。

侵入者が隠れることができないプラン計画を立てましょう。
写真AC 門柱 クローズド外構
その他にクローズド外構は多くのエクステリア建材商品をとりいれることもおおいのでコストがかかってしまうこともあります。
用いる建材によって費用は大きく変わります。

周辺環境や敷地環境、予算にあわせてプランニングすることがお勧めです。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505