オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
リニューアルに伴う工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

照明器具のエトセトラ 2


私たちの生活に安らぎとぬくもりを与えてくれるライト。
照明にはただ単にその場所を明るくするだけでなく、家族やその家自体のぬくもりや息遣いを感じさせてくれます。



写真AC 照明
家族を照らしてくれるライトには様々な種類があり、分類されますが、その一つに「照明の光の色」の違いがあります。

今回はその「ライトの色」についてお話したいと思います。




差しンAC 照明器具 電球色
照明の光の色は色温度の「K(ケルビン)」という単位で表すことができます。

ケルビンの値が高くなると照明の色は青白くなり、ケルビンの値が小さくなると温かみのあるオレンジ色になります。


朝日や夕日のケルビンは約2000ケルビン、昼間の太陽光は約5000ケルビンといわれています。
写真AC 和室の照明
一般住宅用の照明器具で使われているランプの色は主に、電球色・温白色・昼白色・昼光色の4種類をメインに設定されています。
それぞれ電球色は約2700~3000ケルビン、
温白色は約3500ケルビン、
昼白色は約5000ケルビン、
昼光色は約6500ケルビンといわれています。

写真AC 蛍光灯とリモコン
食事やくつろぐためのダイニングやリビングスペースには電球色の色合いがよいとされています。
また、活動的な昼間の太陽光の色に近い白っぽい昼白色は勉強部屋や仕事部屋に向いているといわれています。

最近の照明器具はコントロールスイッチ一つで電球色から昼白色に変えられる機能のついているものも出ています。


その部屋の用途や使うシーンに応じて明かりの色を選ぶことをお勧めします。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505