オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
リニューアルに伴う工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

リフォームするべきところの優先順位とは


足場 屋根カバー工法
普段日常で使っているところが古くなったり傷んでくるとやっぱりリフォームを考えますよね。
特にキッチンやトイレ、浴室など水回り毎日の生活に欠かせないので老朽化も気になります。

いざリフォーム!というとあれもこれもとなってしまいがちです。そうはいっても予算には限りがあり、その範囲内ですべてのリフォームはちょっと難しそう…。そんな中で満足のいくリフォームにするには家族みんなで話し合い意見をそろえることも大切です。
家族の希望、故障している箇所、古くなってしまったところなどが早急なリフォーム個所といえます。
そのほかに大切なのが修繕リフォーム。快適さもとても大切なことですが、永く保っていくこともまた一つ重要なことなのです。

躯体の調査以外で気になる見える箇所のリフォーム周期は下記の年数周期と言われています。
屋根の葺替えや塗装 15~20年 下地材の修理補修や断熱材の補填、部分交換なども
外壁の塗装やコーキング 10~15年 下地の修理補修、目地の補強やタイル補修、汚れのクリーニング、塗装材の塗りなおし、コーキング再処理など
室内の壁・天井の張替え 5~15年 クロスの張替えや塗装の塗りなおし、クラック補修など
壁内や天井裏 15~25年 下地や構造材、断熱材等の補強や補填。 (施工業者に確認調査してもらうとよい)
水回り(給排水管) 15~20年 錆などの劣化や漏水の可能性。 キッチントイレなどのリフォーム時に一緒にするのがよいでしょう
キッチン 15~20年 コンロや換気扇など設備機器の交換
浴室 20~30年 ユニットバスの交換や基礎部分の修理補修。躯体の傷みも確認
上記年数はあくまでも目安です。使い方や使用頻度、気象条件等で変わってきます。
ご自宅やご実家など気になる方はぜひ一度「街の屋根やさん 山梨店」までご連絡下さい。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505