オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
リニューアルに伴う工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

樋の必要性を考えようー第1回 樋の構成と設置方法


(写真AC)屋根 屋根樋
家を新築するときやリフォームするとき、屋根の材質や色はとても気になりますが「雨どい」のことはあまりこだわらない方が多いかと思います。
しかし雨どいの機能が十分に働いていなければ住まいの寿命に影響することもあります。

(写真AC)雨樋 
雨樋は屋根に降った雨水を集め地上や下水に排水するための重要な住宅設備の一つです。
住宅に水が浸水するのを防ぎ、雨が屋根から地面に直接落ちるときの雨音や雨染みの発生を防いだりする役目があります。
しっかり流れるように設置がされていないと軒先や軒裏に雨水がまわり、外壁が汚れるだけでなく基礎や土台まわりを腐食させてしまったりと大きな影響を出してしまう場合が出てきてしまうかもしれません。


これから3回にわたり「雨どい」についてお話ししたいと思います。

(写真AC) 雨樋説明付き
「樋」とは屋根面を流れる雨水等を集め地上あるいは下水に導く設備のことをいいます。

構成は屋根の雨水等を受ける「軒樋(のきとい)」、軒樋で受けた雨水等を地上へ導く「竪樋(たてとい)」、軒樋で受けた雨水等を竪樋へ送る「集水器(「あんこう」ともよばれます)」などで構成されます。
その他樋を受ける金物や壁面に竪樋を固定する金物等、継ぎ手や外観などをすっきりおさめるための金具が必要になってきます。
(内樋)(ぱくたそ)
「内樋(うちとい)」
軒樋 外樋
「外樋(そととい)」
雨樋には外部から見えないように軒や壁の内側に取り付ける「内樋(うちとい)」と外部に這わせて設置する「外樋(そととい)」という設置方法があります。
メンテナンスや費用対効果も含め外樋設置が一般的です。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505